スマイル歯科

歯周病治療

正しい歯周病の治療を行います。

日本歯周病学会認定医

私は現在、日本歯周病学会の認定医として、歯周病の治療や 技術の知識の普及に努めています。正しい歯周病の治療は 患者にもそれ相応の努力が必要ですし、 きちんと治療を終え、メインテナンスを行えば、再発をしたりブラッシング時の出血もなくなります。
又、プラークコントロールだけでは、治療がうまくいかない場合もあり、 シュガーコントロール、力のコントロールも併用しながら歯周病の治療を進めることで高い効果が出ます。

糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎の原因になる歯周病

糖尿病

お口の中の歯周病原菌は、やがて口から全身へと広がり、様々な影響を及ぼします。
特に、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞の遠隔的な原因となることがわかっています。
糖尿病の方が歯周病を治療すると糖尿病の数値も改善する事が報告されています。
又、歯周病が糖尿病の第6の合併症と言われ、糖尿病の方は歯周病になりやすくなります。

歯周組織再生療法を行います。

エムドゲイン

歯周病の基本治療やフラップ手術で歯や根の周りをきれいにして、歯周病原菌が潜んでいるプラークや歯石を除去することができれば、 歯周病の進行は止まり、歯周組織の炎症は改善します。
しかし、すでに歯槽骨が吸収されるなどの破壊が進んでいる場合、 原因を除去しても完全に回復することができません。その場合、歯槽骨の際が必要になり歯周組織再生療法が推奨されます。
現在行われている歯周組織組織再生療法では、エムドゲインというたんぱく質を塗布することにより、歯根部の細胞に働きかけ歯槽骨の再生されます。
ただし、一般的に再生療法の適応となるのは中等度の歯周炎ですので、重度で骨の吸収が進みすぎていれば骨の回復はあまり期待できません。

軽度歯周炎の症例

軽度歯周炎の症例治療前

治療前

初期の歯周炎です、歯肉の腫れや、ブラッシング時の出血が認められます。

軽度歯周炎の症例治療後

治療後

歯周基本治療のみで改善し、腫れの無いきれいな歯肉になりました。

重度歯周炎の症例

重度歯周炎の症例治療前

治療前

重度の歯周炎です。歯肉の腫れを、頻回に繰り返していました。

重度歯周炎の症例治療後

治療後

歯周基本治療後、歯周外科を行い、正常な歯肉になりました。定期的にメインテナンスしていけば今後、歯肉が腫れることはありません。

歯周再生療法の症例

歯周再生療法の症例治療前

治療前

歯周炎のため、左下の歯の骨が吸収しています。

歯周再生療法の症例治療後

治療後

歯周組織再生療法を行いました。骨の回復が認められます。

copy right Smile Dental clinic


TOP